株式会社 諏訪建設

木の家トータルコーディネーター

省エネ等級

・・・・・

家の内で冬は暖かく、夏は涼しく過ごしたいと思うのは自然なことです。そのためには室内温度を適切に制御することが重要となります。
このとき、できる限りエネルギーの使用量を減らしつつ温度調整を行うためには住宅の構造躯体の断熱措置などに十分な処理を行っていることが重要です。それによって、石油などから生み出されるエネルギーの使用を抑制することができますので、温室効果ガスの発生を抑制することができます。

省エネ等級について

省エネルギー対策等級は省エネルギー性能基準と関係しています。

2等級
1980年旧省エネルギー基準を満たす場合
3等級
1992年新省エネルギー基準を満たす場合
4等級
1999年次世代省エネルギー基準を満たす場合

省エネに対する諏訪建設の対応

新築の場合、設計段階で専用のソフトを使い年間の電気、ガス、冷暖房を全て計算し数値化することで「見える化」しています。
例えば、冷暖房に関してはエアコンを設置・使用した状態で計算し基準をクリアするような設計をしております。

  • ※冷暖房など計算したうえでおススメする商品はございますが、お客さまとその都度商談させていただきながら進めてまいります。
  • ※木造住宅の場合、床に無垢板を使用するため床暖房の設置は行えません。

省エネポイント
外皮平均熱貫流率

外皮平均熱貫流率(UA値 W/m2k)とは、建物内外の温度差が1℃の場合の部位ごとの熱損失量の合計を外皮等の面積で除した値のことです。

外皮平均熱貫流率(UA値) = 建物が損失する熱量の合計÷外皮等面積(m2)

UA値が小さいほど熱が逃げにくいため気密性・断熱性能が高いと言えます。
また、数値の小さい家は室内温度が外気にも影響されにくく冷暖房を効率良く使える省エネ住宅といえます。

平成25年度省エネ基準


新潟県は5(0.87)〜4(0.75)区分となります。※一部3(0.56)の地域もあります

家づくりをする際、安易にUA値を下げる手法として「窓のサイズを抑える」方法があります。
この方法を使った家づくりを見かけたりしますが、快適性や住み心地はどうでしょうか。
諏訪建設では快適性を犠牲にせず基準をクリアするために、家の隅々の数値が確認できるよう自社で計算・書類作成し、その書類は全て見える化しています。

諏訪建設の長期優良住宅の外皮平均熱貫流率(UA値)

新築
施工地 UA値
N邸(平成29施工) 0.46
T邸(平成28施工) 施工実績 0.60
K邸(平成28施工) 施工実績 0.72
H邸(平成27施工) 施工実績 0.69
リフォーム
施工地 UA値
I邸(平成29施工) 0.69

※新潟県は0.87〜0.75

お問い合わせ・資料請求

お電話または下記のメールフォームよりお気軽にお問い合わせください

0254-27-6213

お問い合わせメールフォーム