株式会社 諏訪建設

木の家トータルコーディネーター

耐震等級

・・・・・

建物の強さを表すものとして、品確法の住宅性能表示で耐震等級があります。
基準となる『地震の強さ(地震力)』と『被害』ですが
・数百年に一度発生する地震(震度6〜7程度、住宅が密集する都市)で倒壊または崩壊しない
・数十年に一度発生する地震(震度5程度、住宅が密集する都市)で損傷しない
この条件を『耐震等級1』として、1.25倍に耐えられるものを『耐震等級2』、さらに1.5倍に耐えられるものを『耐震等級3』としています。

耐震等級

耐震等級1
想定する地震に耐えられる
耐震等級2
想定する地震の1.25倍に耐えられる
耐震等級3
想定する地震の1.5倍に耐えられる

震度を基準にしていますが、その震度自体に幅がありますし、実際に発生する地震の質によっても変わってきますから目安として捉えていただいた方が良いのかもしれませんが、等級が上がるにつれ確実に”建物の信頼性が高い”と言うことの証明になります。

耐震に対する
諏訪建設の対応

新築の場合、建物のバランスを考慮した設計を行い、専用ソフトを使って建てる場所・地域といった現場に近い状態で耐震計算を行っています。計算で出た値は、全て数値化し『見える化』しています。その数値は第三者機関でのチェックも受けておりますので、より安心で安全な信頼性の高い「安心な家」づくりが行えます。
また、こういった計算で数値的に安全と言われたとしても、施工する技術がなければいけません。諏訪建設では、現在四代目から次の五代目へと初代から脈々と引き継がれている技術と知識を持った本物の大工を育てていますので、施工についても細部にまで手間を惜しまない仕事をしています。
また、新しい技術も取り入れ構造基本性能は基準法以上の「頑固住宅」と言われる家づくりをしております。

お問い合わせ・資料請求

お電話または下記のメールフォームよりお気軽にお問い合わせください

0254-27-6213

お問い合わせメールフォーム