株式会社 諏訪建設

木の家トータルコーディネーター

2020年仕様に適合した「長期優良住宅の家」

聖籠町

H様邸

耐震等級3

省エネ等級4

この住宅の一次エネルギー消費量680MJ/(㎡・年)<低炭素基準719MJ/(㎡・年)

住宅は、あと5年で全ての新築住宅は省エネ適合が義務化されます。
諏訪建設は、時代を先取りすべく省エネ適合住宅の標準化を図っており、「耐震は等級3・断熱は等級4」の住宅標準化を図っています。

この度完成した聖籠町のH邸は、10月26日~月31日に開催した5年先の標準化・省エネ住宅の構造見学会を行なった家で、2020年の長期優良住宅標準基準を満たした住宅です。一階にペレットストーブを設置したエコな住まいで、「帰宅して家に入っても温もりがあり、とても快適だ」と施主様に喜んでいただいています。

諏訪建設の住宅のポイント

2020年省エネ化適合住宅の標準仕様
(断熱等級4)
最高ランクによる建築物の長寿命化
(耐震等級3)
職人の技術伝承と育成
(職人の確保と技の伝承)

 

シーリングレス仕様でメンテナンスコストを大幅圧縮

プラチナコートでロングライフメンテナンス化をしています。

Fuge商品紹介ページ→

輻射型のペレットストーブは、お湯を沸かすことができ、部屋中をじんわりと暖めてくれます。
輻射式ペレットストーブ:RS-mini(超小型FF式自然対流ストーブ)→
ペレットストーブについて→

キッチンの壁はすべてキッチンパネルで仕上げています。
汚れがつきにくく汚れてもサッとふき取れお手入れも楽々。

床は15mm厚の無垢材を使用しているので足触りがとてもいいです。

玄関を入ると左手がリビング。

手前に見える棚はシューズクローク、正面はクローゼットになっています。
新潟の気象条件を考えて、
2Fには明るいサンルームを。

 

天気を気にせずに洗濯物を乾かすことができます。

長期優良住宅

住宅の寿命を延ばす取り組みとして、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(長期優良住宅普及法が平成21年に施行され、長期優良住宅の認定制度が始まった。
長期優良住宅にするためには、耐震性、省エネルギー性、維持管理・更新の容易性、劣化対策、バリアフリー性、可変性、住戸面積、居住環境、維持保全計画などの条件をクリアする必要がある。

低炭素住宅

二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物で、所管行政庁(都道府県、市又は区)が認定を行うもの。
低炭素住宅にするためには、
省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が-10%以下となること。
その他の低炭素化に資する措置が講じられていること。
などの条件がある。

お問い合わせ・資料請求

お電話または下記のメールフォームよりお気軽にお問い合わせください

0254-27-6213

お問い合わせメールフォーム