株式会社 諏訪建設

木の家トータルコーディネーター

古民家の材を再利用した省エネルギー住宅

聖籠町

T様邸

耐震等級3

断熱等性能等級4

長期優良住宅

この住宅の一次エネルギー消費量501MJ/(㎡・年)<低炭素基準590MJ(㎡・年)

築90年の古民家を解体し古材を再利用し、2020年の省エネ基準に対応した長期優良住宅です。

古材を再利用したことで、新しい材にはない深みのあるお家に仕上がりました。

屋根には三州瓦を使用。外壁の腰壁が落ち着いた雰囲気を出しています。

玄関ポーチやスローブに敷いてあるのはチップロード。

ゴム製で足触りは柔らかく滑りにくい素材です。

 

明るく広い玄関。

手摺も付けて使いやすく。

床材は欅を使用。

飾り梁が目を引くリビング。

飾り梁は旧家屋で使われていた井桁梁を

壁の板は床の間の地板を再加工したものです。

床材はアカシアを使用。

キッチンの設備はLIXILのアレスタ
IHに連動した換気扇はお手入れが簡単な「よどれんフード」を設置。

背面収納には、
食器やストック食材をたっぶり収納できるスライディングドアストッカーと
家電を一カ所にまとめて収納できるフロアキャビネットを設置。
こちらは自動で蒸気を排出する機能がついています。

 

太く立派な鴨居はこの家で一番の見どころ。
90年間使われ続けていた鴨居は、まだまだ活躍できそうです。

二間続きの和室の間にある屋久杉の欄間。

襖に使われている飾りの板は、元々は板戸だったものを加工。懐かしい傷もそのまま残してあります。

床の間の欅は施主様から提供して頂きました。

 

洋間には沢山の収納をつけました。

寝室にはトイレ付き。

水廻りは全てLIXIL

トイレはアステオ。汚れが付きにくい「アクアセラミック」のトイレです。

諏訪建設オリジナルのカウンター収納。陶器の手洗も付いています。

お風呂はアレスタ。高断熱浴槽なのでお湯が冷めにくく省エネです。

長期優良住宅

住宅の寿命を延ばす取り組みとして、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(長期優良住宅普及法が平成21年に施行され、長期優良住宅の認定制度が始まった。
長期優良住宅にするためには、耐震性、省エネルギー性、維持管理・更新の容易性、劣化対策、バリアフリー性、可変性、住戸面積、居住環境、維持保全計画などの条件をクリアする必要がある。

お問い合わせ・資料請求

お電話または下記のメールフォームよりお気軽にお問い合わせください

0254-27-6213

お問い合わせメールフォーム